買い物、そしてリハ
スティック等

久々にドラム関係の買い物を。


一番上はCANOPUS Flat Base Cymbal Stand(CCS-1F)。何年か前に購入したものをもう一本持ってるんですが、普通のスタンドに比べて軽いし、折り畳んだ状態がもの凄く小さいので、かなり重宝しておりました。

但し、ティルター部のワッシャーが何年か経つと、何度もシンバルを叩いているショックからなのか、穴が広がってガクっと下に一段落ちてしまっていた為、余分にワッシャー(CCSP-MW)も購入。

明後日にアコースティックのライブでカホンを叩くんですが、スプラッシュ用とライド用と二本必要になった為に余計にもう一本買ったという流れ。


その下はVic Firthのマレット(Vic-T1)。二本で5000円近くするのはかなり痛いんですが、最近レコーディングでシンバルロールを録る機会が何故か多いので購入。


その下はREGAL TIPのナイロンブラシ(595N)。本当は565FC(グリップが黒ラバーのタイプ)が欲しかったんですが、店に在庫がないという事で購入。595Nはアルミグリップの上にクリアラバーという感じなんですが、叩いているうちにロゴがどんどん剥がれてきて、手が汚れました。


そんで一番下は自分が普段使っているVATERのスティック(LOS ANGELES - 5
A)。VATERのスティックは二本一組で売っているのですが、いつ調べても毎回左右の重さが極端に違ったりするので、今回も束ねられているものを抜き取って同じ重さの物をバラで選んで購入しました。



カホン個人練

そんなこんなで買い物後に一人寂しくリハーサル。いつもはカホン(Schlagwerk CP-4005)とスプラッシュ(A Zildjian 8")、そしてカバサ(MEINL CA1AM)をカバサホルダー(GIBRALTAR)にマウントさせて手で叩いていたんですが、今回はバラード、スローテンポの曲が多いので、利き手(左手)がPRO-MARKのCOOL RODSもしくはブラシで、右手はカホンを叩く感じ。そして借り物のMasterworkの18"クラッシュをライド代わりに使おうかと。

今回初めてカホンをブラシで叩くのですが、これが意外と良く、何気にいろいろ使えそうな気がしました。
カテゴリ:機材 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/2PAGES |