<< 問題 | main | 2009.09.16 (Wed) >>
スネア


一週間近く経ちましたが、2日の音霊に来て下さったお客様、ありがとうございました。そしてメンバー、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

会場内はもの凄い湿気と暑さで、セッティングした瞬間、シンバル、スタンド等の金属類が一瞬で結露してビビりました。そして会場内の酸素が薄かったり、顔から出る汗がナイアガラみたいな事になってたりと、かなり過酷な状況でしたが、楽しく演奏できました。



そしてここ最近はレコーディングだったんですが、リズムは全20曲無事に録り終えました。

今回はギターテクニシャンのカッパさん私物スネアをお借りしたんですが、珍しいオールドスネアのオンパレードで、どのスネアも素晴らしい音で録れました。





ラディックの60年代ジャズフェスティバル。シェルはポプラマホガニーの3プライ。ヨン様の笑顔みたいな音がします。





ラディック60年代初期スーパーラディックL-400。このスネアは60年から63年までの僅かな期間だけ作られていた超珍しいブラスシェル。過疎化が進む地方都市の人っ子一人いない場所にいるウォーリーぐらいの存在感のある音が出ます。





ラディック20年代〜30年代のスーパーラディックブラスシェル。メタボのおっさんの腹みたいなぶっとい音が出ます。





スリンガーランド50年代ラジオキング。シェルは多分マホガニーの3プライ。いい意味でいい加減な高田純次みたいな音がします。





そして僕の私物70年代スリンガーランドのクロームオーバーブラスシェルのスネア。奇麗な白髪の上品な執事みたいな音がします。





僕の私物の鍵です。普通にジャラジャラって音がします。
カテゴリ:機材 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.doncamatic.jp/trackback/917984
トラックバック