スネア


一週間近く経ちましたが、2日の音霊に来て下さったお客様、ありがとうございました。そしてメンバー、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

会場内はもの凄い湿気と暑さで、セッティングした瞬間、シンバル、スタンド等の金属類が一瞬で結露してビビりました。そして会場内の酸素が薄かったり、顔から出る汗がナイアガラみたいな事になってたりと、かなり過酷な状況でしたが、楽しく演奏できました。



そしてここ最近はレコーディングだったんですが、リズムは全20曲無事に録り終えました。

今回はギターテクニシャンのカッパさん私物スネアをお借りしたんですが、珍しいオールドスネアのオンパレードで、どのスネアも素晴らしい音で録れました。





ラディックの60年代ジャズフェスティバル。シェルはポプラマホガニーの3プライ。ヨン様の笑顔みたいな音がします。





ラディック60年代初期スーパーラディックL-400。このスネアは60年から63年までの僅かな期間だけ作られていた超珍しいブラスシェル。過疎化が進む地方都市の人っ子一人いない場所にいるウォーリーぐらいの存在感のある音が出ます。





ラディック20年代〜30年代のスーパーラディックブラスシェル。メタボのおっさんの腹みたいなぶっとい音が出ます。





スリンガーランド50年代ラジオキング。シェルは多分マホガニーの3プライ。いい意味でいい加減な高田純次みたいな音がします。





そして僕の私物70年代スリンガーランドのクロームオーバーブラスシェルのスネア。奇麗な白髪の上品な執事みたいな音がします。





僕の私物の鍵です。普通にジャラジャラって音がします。
カテゴリ:機材 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
消耗品


前回の「中割れ」問題により、新しいスプラッシュとその他消耗品を買いに行きました。

・A Zildjian Fast Splash 8"
・CANOPUS Flat Base Cymbal Stand 上部アーム(CCSP-P1)
・CANOPUS ティルター部チューブ(CCSP-FL)2個
・CANOPUS ティルター部ワッシャー(CCSP-MW)2個

今回買ったスプラッシュは前のより薄いので、手でガッツリ叩いても負担が少なそうですが、逆に耐久性が心配。「中割れ」問題が再度勃発しないよう、大事に使います。

そしてその他の部品も新品に替えたので、明日からのアコースティックライブの準備は整いました。


あとは恋しさとかせつなさとか心強さみたいなのをもって本番に臨みたいと思います。
カテゴリ:機材 | 19:45 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
サブちゃん


お久しぶりです。最近やっと立ち直ってきました。DSが壊れたショックから。

今日の写真は我が家の押し入れに何年も眠っていたスネア。スティーブ・ガッドのシグネイチャー・モデル。シェルはスチールでサイズは14"×5.5"。一番最初のモデルなので買ったのはもう15年近く前。そして一番最初に買ったスネアです。

何年か前にこのスネアを使ってレコーディングした音源を久々に聴いていたらまた使いたくなったので、ヘッドをCSコーテッドとスネアサイドアンバサダーに張り替え、ラディックのスナッピーに替えて昨日のてっちゃんリハで試してみたところ、かなりいい感じでした。今現在メインで使ってるスネアの半分以下の値段で当時購入したんですが、全然使える。

てっちゃんバンドのスネアのチューニングはかなりハイピッチで尚かつがっつりミュートするので、今までメインで使っていたスリンガーランドのサウンドキングよりも合うような気がしました。ちなみにリングミュートとムーンジェルを半分に切ったものを合わせて使っています。

今日のてっちゃんライブでも実際に使ってみようと思います。


ドラムをやった事ない人にとっては全く訳の分からない話だと思いますが、要は一番最初に付き合った彼氏彼女との思い出をいつまでも忘れずに大事にしていこうよ、みたいな話

ではないと思います。
カテゴリ:機材 | 12:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
耳栓プレイ


のんつを始め、いろんな人から薦められていたカナル(耳栓)型イヤホンを買ってみました。audio-technicaの「ATH-CK7 BK」。

耳の奥まで突っ込んで使うので、確かに音量が今までよりもかなり小さくて済みます。耳の負担がかなり減りそうです。

ただ、外音遮断性が高いので、すれ違う女性に「好きです」と言われても気付き難いという点が難点といえば難点かと。


表現の自由。
カテゴリ:機材 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
STICK CONTROL


打楽器やってる人なら誰でも知ってるぐらい有名な「STICK CONTROL」という教則本(洋書)。ダブルストローク、パラディドル、フラム系ルーディメンツの組み合わせが延々書かれてる本で、これをじみーに練習すると左右のバランスが良くなるし音の粒は揃うし手がどんどん動くようになります。

最近特にこう、基礎の大事さみたいな事を再確認する事が多かったので、久々に本棚から引っ張り出してやってみたんですが…

1ページ目でつまずきました。


「うそーん」ってハッキリ声に出た。一人暮らしの部屋で。
カテゴリ:機材 | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お掃除
明日はPV撮影があり、スプラッシュだけ持ち込みなので、一応掃除をしてみました。





5年前ぐらいに買ったAジルジャン8"スプラッシュ。今まで殆ど掃除をしてこなかったので微妙に緑色。





掃除後。まあピッカピカという訳にはいきませんでしたが、多少は奇麗になったんでしょうか。

そしてロゴが確実に薄くなってますけど、気にしない事にします。上のロゴなんて殆ど消えてるし。
カテゴリ:機材 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
置き忘れ


以前酔ってどこかに置き忘れて無くしてしまったスティックケースを新たに購入。

MAXTONE / ADWC-BAG-4。持ち運びの便利さと600円前後という安さで、かなり使い勝手がいいです。スティックは4ペアしか入りませんが、私はハードヒッターではないので4ペアもあれば充分。

よくご一緒するトロンボーンの女子が酔って商売道具であるトロンボーンをどっかに置き忘れてしまった(何ヶ月か後に見つかったらしいです)というもの凄い話も聞いた事があるので、皆さんも置き忘れにはご注意を。
カテゴリ:機材 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Rec


世間では無駄に賑わう24日、25日。私は両日ともにレコーディング。まあ仕事がなくても特に予定はなかったのですが。





スタジオはサウンドクルーだったので機材を借りまくりました、セットはグレッチのメイプル。キックが22"、タムが上から12"と13"、フロアが16"。

キック、タム、フロアと、全部ノーミュートで録ったんですが、いい意味でバカなサウンドに仕上がり、かなりいい感じで曲にハマってました。

シンバル類はジルジャンのクラッシュ16"、18"、ライドがパイステの20"という標準的な組み合わせ。





トータル3曲のベーシック録りだったんですが、スネアはラディックのブラックビューティー(ハンマードブラスシェル14"×6.5"、チューブラグ)をチューニングを変えて2曲、もう1曲は私物の70年代スリンガーランドのサウンドキング(クロームオーバーブラスシェル14"×5.5)をどちらともノーミュートで使用。

録り音を聴いたらブラックビューティーがもの凄く欲しくなりました。





時期的にクリスマスという事で、制作スタッフの女性から俺ら全員に手作りクッキーをプレゼントして頂くというサプライズがありました。

この直後、「俺のにはハートの形のクッキーが!」という無駄にテンションが上がる瞬間が訪れるも、結局全員のクッキーにハートが入っているという、よく考えなくとも当たり前のオチ。ザ・冷静さを欠いた瞬間。

大分遅くなりましたが、メリークリスマス。
カテゴリ:機材 | 03:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新品と交換


明日はとあるアーティストさんのレコーディングのプリプロがあるんですが、その曲が普段やらないようなジャンルで、キメもかなり複雑で頭に入ってなかったので、リハスタで個人練をしてきました。

その後は新宿の楽器屋に先週買ったばかりのTAMAのリズムウォッチを持っていきました。テンポを設定するダイアルがあるんですが、使ってすぐぐらいにどちらの方向に回してもテンポの数値が増えるという現象が起きました。

設定したい数値を1BPMでも過ぎると、どちらに回しても増えるので、テンポ数値を一周させないと設定できないというすげえ面倒くさい事に。

楽器屋に持って行って説明したらすぐ新品と交換して頂きました。助かりました。今度は大丈夫そうです。
カテゴリ:機材 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
リズムウォッチ


また機材を買いました。TAMAのリズムウォッチRW105。ハイハットスタンドにマウントさせるユニバーサル・クランプ(MC66)とLロッド(LRW)も買いました。

最近ライブ音源を聴いた時にテンポ感のズレと言いますか、違和感を感じていたんです。現場ではいつものようにやっているつもりなのに、音源を聴くといつもより少し速かったりしてる。健康状態とか心拍数とか緊張の度合いとかやり慣れてない曲とか、まあ原因はいろいろあるんでしょうけど。リハ音源では割と原曲に近いテンポでできてるので、その辺をなんとかしたいと思いまして。

とは言っても、クリックを聴きながらやるという訳ではなく、LEDの点灯を見てテンポ感を掴んだところでカウント出しをする感じで。

このリズムウォッチは30種類の異なったテンポと拍子をメモリーでき、ボタンまたはフットスイッチで切り替えができるので、曲間で登録されてるテンポを切り替えて確認していく感じ。

実際に今日個人練で使ってみましたが、まあいい感じでシミュレーションできました。

そんなこんなで日付が変わったので今日になりますが、多和田えみちゃんのライブ。今日はバンド編成。サポートミュージシャンはいつも色んな現場で一緒になる気心知れた人達。

多和田えみちゃんはまあ当たり前の話ですが、歌がもの凄く上手い。先日アコースティック編成でご一緒したんですが、えみちゃんの真後ろで演奏してる自分が一番の特等席で歌を聴いてる感覚でとても気持ち良く演奏できました。

それと今日はパーカッションのノナちゃんとも初めてのライブ。パーカッションの方と一緒になる機会が殆どないので楽しみです。
カテゴリ:機材 | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/2PAGES | >>